老人ホームを選ぶポイント

老人ホームの豆知識

自分に合った老人ホームを探そう

老後という言葉もあるくらい誰にでも平等にやってくる老いですが、様々な家庭の事情、自身の身体状態など、老いと共にやってくる体や環境の変化は避けられません。
そんな困った状況のときに、お世話になる可能性のあるのが老人ホームです。
一口に老人ホームと言ってもその種類は様々で、その中で自分にあった施設を選ばなければなりません。
どのくらいの介護が必要か、費用はどのくらいまで払えるのかなどです。
また、ご自身が生活する場所になるので、自分の希望に合った施設でないとなりません。
どんな居住環境なのか、どんな行事を行なっているのか、どのくらいの介護度の利用者がいるのかなど、複数件の施設を訪れてみて実際に見学をして、様々な情報を集めたほうが良いでしょう。
また、見学というと建物や設備に目が向いてしまいますが、肝心なのはスタッフの質です。
どのような態度で利用者に接しているかよく観察してみてください。
そのままご自分の、または、ご自分の家族に対する態度になってきます。
知り合いに、自分の希望する老人ホームに入居している方がいれば、話をきいてもいいでしょう。
一度入居してしまうと、長い間そこで生活をしなければなりません。
後悔しないようにしっかりと調べて決断してください。

老人ホームを選ぶための参考になるポイント

高齢化の進む現代、在宅では老老介護も増え、施設を検討する方も多いのではないでしょうか。
種類としては、有料老人ホーム、高齢者向け住宅、グループホーム、軽費老人ホーム、介護保険施設があります。
比較的自立されている方、予算のある方は有料老人ホームや高齢者向け住宅をおすすめします。
介護度が中等度ならグループホームに入ると費用が抑えられます。
費用がない方は介護保険施設に入るとよいでしょう。
いわゆる特養もここに含まれます。
しかし、サービス面では、施設の種類に関係なく、各施設によってさまざまです。
ここでご家族が誤解してはいけないのは、施設は家族が行う介護以上に手厚いサービスを受けるために入るものではない、ということです。
家族の負担を楽にするための施設である、というのが前提です。
とはいえ、しっかりとした施設を選んで入りたいものですよね。
多くの施設で見学ができます。
施設内に常時においが充満していたり、乾燥がきついなど、空気に問題がある所は避けた方がよいかもしれません。
また、実際に入所されたら、ご家族は面会時に口の中を少し見せてもらいましょう。
しっかりと口腔ケアがされていれば、たいていは良い施設でしょう。
もちろん、見学時に入所者さん達の口腔ケア状況がわかれば、かなり的確に良い施設を選ぶことができそうです。

Valuable information

キャバクラ 求人
http://www.caba-job.com/
乳酸菌 サプリメント
http://soyokazellp.net/
三河島 歯科
http://yoshi-dental-clinic.com/
恵比寿 整体
http://www.prima-essentia-ebisu.com/
学資保険 ランキング
http://minnano-review.com/hoken-gakushi/
鴨居 歯科
http://matsushita-shika.com/
岐阜 一戸建て
http://www.daiyuu.com

2016/6/1 更新